親子体操・親子ヨガ・親子ダンスで おやこのふれあい を増やしませんか

協会について

  • HOME »
  • 協会について

協会紹介のパンフレットをダウンロードできます

理念

親子体操とは親と子が協力して行なう体操です。この体操を通じて、親子が触れ合う機会を創出し、様々な親と子どものコミュニケーションを促進し、社会性の育成を図ります。また、この体操を行なうことで、様々な親及び子どもの運動不足を解消し、体力を増加させ、疾病予防等に貢献します。親子体操は、様々な親及び子どもの心身の健全化を図り、健康的な日常生活を送ることをサポートします。

私達は、親子体操の指導を通じて、産前産後の母子、母と幼児、親と小学生の子供等たくさんの、様々な親子達と触れ合って参りました。親子体操の指導を通して私達が実感した現代社会の問題があります。それは、最も近い関係である親と子の間でさえコミュニケーションが不足しているという問題です。そして、親も子供も、運動不足により、体力が減退しているという問題です。

私達は、この現代社会が抱える問題を、親子体操を通して改善していきたいと考えております。親子体操の普及奨励を図ることで、暮らしやすい、子育てのしや すい社会の実現を目指し、もって国民の心身の健全な発達と国民生活の向上に寄与したいと考えております。

目的

  • 産前・産後の母子の体力増進および機能回復を目的とした運動プログラム(親子 体操)の企画、実施
  • あらゆる年齢層の親子の健康とコミュニケーションを促進するための運動プログ ラム(親子体操)の企画、実施
  • 医学的側面からアプローチした運動療法、運動プログラムの構築
  • 上記各号に関する講習会、講演会、研修会等の各種セミナーの開催ならびにこれ らに対する講師の派遣
  • 親子体操に携わるトレーナー、指導者の育成と資格の認定
  • 親子体操に関する刊行物の発行
  • 親子体操に関する調査・研究
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業

理事・役員の紹介

- 鈴木裕(ずずき ひろし)[代表理事]




名古屋大学医学部卒業。小児科医として、名古屋から東京に移り住み、日大に属し関連病院を多く回る。 定年後、千葉県習志野 医療法人良知会「共立習志野台病院小児科部長」となり、栃木県宇都宮 医療法人中山会「宇都宮記念病院総合健診センター」の小児科医としても活躍中。たくさんの小児の医療現場に立ち経験から、どんな医療がよいのかを考え現在も疾走中。 一医師として、一夫として、四児の父としての観点から今後親子体操協会に必要な存在。

- 池田美知子(いけだ みちこ)[理事]



国立学芸大学保健体育科を卒業後、都立南葛飾高校教員を3年間勤め、その後渡米し、ワシントンD.C.日本人補習校現地教員、 G&M体操教室で働きながらメリーランド州立大学、カレッジパークコミュニティカレッジ等でフィットネスを学ぶ。1982年から日本でエアロビッ クダンスインストラクターとして朝日カルチャーセンターで指導を開始する。 現在は上智大学、大妻女子大学、東京学芸大学、武蔵丘短期大学の非常勤講師を務める。
[facebook]

- 百瀬定雄(ももせ さだお)[理事]



1960年生まれ。信州大学教育学部卒業、上越教育大学科学教育修了。ソルトレークオリンピックにてリュージュナショナルチームコーチ。現在、聖徳大学児童学部准教授。

- 大久保裕美(おおくぼ ゆみ)[理事]



栃木県出身・武蔵丘短期大学(健康体育専攻)卒業
㈱住友不動産系グループ会社(住友不動産フィットネス)入社
後フリーインストラクターとなり、都内を中心に妊婦の運動指導、親子の運動指導
キッズ、ジュニア層の運動指導、高齢者指導を行う傍らNHK-BS2の番組に出演

【出演メディア】
2009テレビ朝日系アニメーション「あたしンち」の体操・振付・監修・吉本興業/よしもとアールアンドシー森三中歌「プロリンサイズ」DVD出演
2009とちぎテレビ番組子供番組レギュラー・体操・監修ベースボールマガジン社「トレーニングマガジン」トレーニングモデル
長畑芳仁先生監修「勝つためのストレッチ」モデル
ベースボールマガジン社 佐藤彰先生著「リンパセラピー」モデル

武蔵丘短期大学非常勤講師、愛育病院非常勤講師、共立習志野台病院チーフインストラクター。
関東を中心に毎月〈親子体操イベント〉を展開中。
現在、聖徳大学院児童学研究科前期課程在学中。
[ブログ][facebook]

- 廣瀬亜須可(ひろせ あすか)(本部インストラクター) [理事]



[ブログ][facebook][雑誌など]

アドバイザー

- 田沼寛文(たぬま ひろぶみ)(こども指導者アドバイザー)



株式会社 ユニバーサル・スポーツ・ジャパン 代表取締役
船橋ジュニア体操クラブ 監督
------------------------------
出身地:千葉県
出身大学:
 日本体育大学 体育学部
経歴:
 日本体操協会審判委員会男子審判本部部員
 日本オリンピック委員会強化スタッフ
 千葉県体操協会常任理事
 船橋市体操協会理事長
資格:
 日本体育協会公認上級コーチ資格所持
 国際体操連盟国際審判資格所持(カテゴリー2)
 日本体操協会男子体操競技公認1種審判資格所持
・富山市体育協会アドバイザー
・船橋市小中学校教員向け実技指導
・福岡県体操クラブ指導
・岐阜県体操クラブ指導

- 大森大(おおもり だい)(こども指導者アドバイザー)



株式会社 SOURCE OF SPIRITS 代表取締役
Personal Training Studio SOS ヘッドトレーナー
------------------------------
出身大学:
 国士舘大学 体育学科
経歴:
 国士舘大学女子バレーボール部 ストレングスコーチ兼トレーナー
 春日部共栄高校女子バレーボール部 ストレングスコーチ
 相洋高校女子バレーボール部 ストレングスコーチ
 KUROBEアクアフェアリーズ 帯同トレーナー
 神奈川県海老名市健康保険事業 非常勤講師
 神奈川県海老名市介護予防事業 講師
 A-1スポーツプラザ アドバイザー
資格:
 (財)日本コアコンディショニング協会 A級講師
 NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
 健康運動指導士
 国際救命救急協会 EMAインストラクター
 中学校・高等学校教諭第一種免許(保健体育)

本部スタッフ

- 前田華花(まえだ はるか)(事務局長:お問い合わせ受付担当)



(プロフィール)
 日本親子体操協会インストラクター
 元私立女子高校数学教員

- 清水薫(しみず かおる) (指導部)



日本親子体操協会デモンストレーター
ひめトレベーシックインストラクター
------------------------------
出身地:埼玉県
経歴:東京YMCA社会体育専門学校
資格:
 日本親子体操協会産前産後
  ゴールドインストラクター
・ 親子ヨガ
・ 産後ヨガ
・ マタニティヨガ
・ エアロビクス
・ キッズダンス
・ 介護予防指導員
・ 妊活エクササイズ 
・ 障害児運動指導 等
 
- 三船美也子(みふね みやこ)(指導部:高齢者・介護予防事業)



(プロフィール)
・日本親子体操協会ゴールドインストラクター
・公益財団法人健康・体力づくり事業財団認定
 健康運動指導士・健康運動実践指導者
・Peak 社認定ピラティス・インストラクター
(国際ライセンス)
・日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター
・日本体育協会公認エアロビック指導者
【活動実績など】
産前産後女性の健康運動指導、親子体操指導、
ロコモティブシンドローム(運動器障害)予防講座監修、
乳幼児から高齢者まで地域の健康づくり事業に携わる。
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻母性看護学・
助産学分野「産後ママの骨盤底筋体操教室」
プログラム研究協力・指導を担当

- HAYATA(はやた)(指導部)



(プロフィール)
日本親子体操協会デモンストレータ
親子体操・親子ダンス担当
ひめトレベーシックインストラクター
 
 
- 伊藤純子(いとう じゅんこ)(経理部)
 
 
- 真貝香織(しんかい かおり)(広報部)
 
 

会員募集

当協会の運営をご理解いただいた上で、会員登録をご希望の方は申込用紙にご記入の上、弊協会までご連絡ください。なお、会員には協会主催の講習会の参加費割引の特典を用意しています。

事務所

〒107-0062
東京都港区南青山6-10-3-501
電話:050-5317-6970 FAX:03-6868-7042

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (社)日本親子体操協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.